【生後3カ月】予防接種で学んだこと

先日、2回目の予防接種に行ってきました。

前回と一緒で
定期接種の「ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチン」
任意接種の「ロタウイルス、 B型肝炎ワクチン」
の4つ同時接種しました。

今回も期待を裏切らないギャン泣きでした。
前回の2カ月の予防接種については
コチラに詳細があります。
生後2ヶ月の予防接種のその後
生後2ヶ月の予防接種デビューと私の勘違い・・・。

値段は前回と一緒の8,450円。
今回は、ちゃんと準備しておきました^^。

我が家へ帰ってきて、
息子はミルクを飲みながら、
途中で寝てしまいました。

ギャン泣きしたし、いつもと違う環境だったから
疲れたんだね、お疲れ様。

その後の息子のテンションはやや高め。
ちょっと寝ては目を覚まし、
キャッキャッとはしゃいだと思ったら、
今度は、いつもよりグズッていました。

起きる度、今日は頑張ったからねと
いつもより抱っこを多くして過ごしました。

次の日以降の体調は、発熱などなく
いつも通りに過ごせたので安心。

さて、3カ月から受けられる
「四種混合ワクチン 」を
今回は受けませんでした。

というのも、
かかりつけの病院の先生に確認したら、
BCGと一緒でいいでしょーと言われたので。
ちなみに私の住む地域は個別接種です。

私が行っている病院は、
四種混合ワクチン とBCGがセットで行っているようです。

でもBCGって5カ月でしょ、
3カ月から受けられるのに大丈夫なの!?

ネットで見た情報では、
百日せきが流行しているから
3カ月になったら、早めに受けるようにってあったけど。

んー悩む。
四種混合ワクチンだけ、違う病院に受けようか。
他の病院に電話して聞いてみようか。

でも、小児科の先生が5カ月からでいいっていうのなら
それでも良いか。

ちょっと悶々としながら
「四種混合ワクチン」について、
ネットで調べていました。

一時期、四種混合のワクチン不足とありましたが
11.26のニュースでは、
「四種混合ワクチン」について
出荷自粛要請を解除したそうで、
12月からは全国に行き渡る見通しとあり、
ひと安心ですね。

あと、調べていたら
予防接種のワクチンは
「不活化ワクチン」と「生ワクチン」と「トキソイド」
と3種類ありますよね。

「生ワクチン」接種後は、4週間間隔をあけるとあるので、
ロタウイルスは「生ワクチン」のため4週間あける。

となると結局、来月まで予防接種は受けられない
って事を今回ようやく理解出来ました・・・。

なお「不活化ワクチン」だけなら、
1週間間隔で良いんですね。

なので、ロタウイルスを受けなければ、
1週間後に、他の病院で四種混合ワクチンを
受ける事も出来たのか~、
なるほど、勉強になりました。(遅いのですが)

そうすると、「生ワクチン」のロタウイルスは
4週間間隔をあかすことを考えながら、
予防接種の予定を立てる事を理解。

体験してみて、私の個人的意見ですけど
3回行うロタテックより
2回ですむロタリックスの方が、
予防接種の予定は組みやすい点と

ロタウイルスは飲むタイプのため、
赤ちゃんは空腹で病院へ向かいますよね、
そうなると、ミルクの間隔を考えるのが毎回手間なので、
それが3回より2回の方が楽という点を踏まえると、

2回で済むロタリックスの方が良いと個人的には思いました。

ま~、病院によって異なるし、
うちの場合はロタテックをもう2回やったのでね、
しょうがない、切り替えましょ。

もしね、選べる環境ならば
ロタリックスの方が良いと思います。

次回は、B型肝炎ワクチンはないので3つ。

四種混合ワクチンの1回目は、
小児科の先生を信じて
とりあえず5カ月からにしてみようと思います。

コウノドリ7話にあった
「べきべき論」になりすぎた面があったので
ちょっと頭を柔らかくしていきたいと
思いました~。

今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました