産後の急性難聴、キーワードは腎臓でした。

昨日に続き、今日も病院へ。
今日は私の「耳鼻科」受診、
息子、付き合わせてごめんね。

私の耳は、急性難聴と診断され
(関連記事:私の体調不良~急性難聴~
症状は、聴覚検査で左耳の高音だけが
聞こえていないと言われていますが、

日常生活上、聞きにくさが続いており、
薬を飲み続けていました。

約1ヶ月、この症状と付き合っていますが
少しは良くなっている気もするけど、
まだ違和感はあります。

11月初旬に行った耳鼻科は、
息子を預けるため実家の近くを受診。
先生の対応が今ひとつだったので、

11月中旬からは、家の近くの耳鼻科へ通院中。
今日で3回目、毎週通っていました。

普段、家で過ごす分には、聞き取りにくさはあるものの
生活する上では大丈夫と思っていたところ、

昨日、小児科の待合室の賑やかな環境にいると
(関連記事:今日も小児科へ、病院を3往復した理由とは?
左耳は、膜がはっているようで
周囲の音が聞き取りにくい。

息子の名前を呼ばれるのが離れていたため
集中していないと聞き取りにくい状態でした。

普段は、家の静かな環境にいるため
気付かなかったけど

病院の待合室のような大きい部屋で
複数の人が居る所では
聞こえづらいのだなと実感。

このことを診察の時に
耳鼻科の先生に話しました。

そして、毎回行っている聴覚検査を実施。
結果は聴覚検査上、高い音は問題あるけど

私が話した聞こえづらさと、検査結果は一致しない。
薬は飲みきり終了で、
あと何か変わった事があれば受診して下さい。
と言われました。

ムーー、
そりゃ検査上はそうなのだろうけど
実際、生活していて、
こっちは困っているんですけどー。

でも、この先生に話しても結局は変わらないし、
前の耳鼻科の先生と変わらない。
検査上での結果しか見ていないのね。
毎回息子と通うのも大変だから、もういい。

「分かりました、終了します。」と伝えました。

でも、モヤモヤ。(あっイライラも)
じゃーなんで、私の耳の調子は悪いの??

そういえば、前に訪問してもらった助産師さんが
産後のホルモンバランスで耳の調子が悪い人は多い
と言ったのを思い出し

これは産後の問題なのかと、
帰りの車の中で思いました。

そして、帰ってからネットで調べると
「産後 耳トラブル」で検索していくと
腎臓というキーワードを発見。

東洋医学の視点では
耳や骨や髪の異常が腎臓不調のサインだそうです。

産後は骨密度が下がること、
産後の抜け毛が多いのも腎臓の影響だそうです。

で、耳については、納得の記事だったので
抜粋させて頂きました。

整体院さんのHPから抜粋
=====================
産後、耳のトラブルが多いのですが、
これらは腎臓の状態がよくないのです。

耳鼻科に行かれると、
単純に耳の問題として診られるそうですが、全然違います。

耳のトラブルとして、耳鳴り・中耳炎・難聴が産後には多い。
耳と腎臓の関連は、整体学的に考えると普通の事。
そしてそれらが妊娠・出産と関わるのも常識です。

ですが、西洋医学では言わない事ですから、
西洋医学を一般常識としている現代人には
イメージし辛い問題だと思います。
=====================

なるほど~!納得っ!!
これはやっぱり産後の問題なのかー!!
西洋医学では分からないはずだよ!!
すごい、目からウロコが落ちるってこの事よ!!
と、一人興奮してしまいました。

また東洋医学的には
妊娠・出産という出来事は
腎臓の力を激しく消耗するのだそうです。

妊娠・出産は
子宮が頑張ってくれていると思ったけど、

腎臓もかなり頑張ってくれたのだと
学びました。

ということは、腎臓の働きを促せば
耳の調子も良くなるってことかな。
ついでに、抜け毛も減ると良いなぁ。

次回に腎臓の働きを高める方法を
まとめていきたいと思いま~す。
耳の回復の兆しが見えてきたー♪

では、最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました