息子のかぶれ症状がようやく回復しました。

前に、息子のかぶれ症状がありましたが
(関連記事:息子の自慢の肌が、赤くかぶれてしまったー。
約2週間経ち、やっと完治しました。

小児科へ行った時が
一番のピークで

病院で処方して貰った軟膏を
1日2~3回塗り
ほっぺた・首元・耳元は2日後には、ほぼ改善。
ステロイドが効いたのだなぁと感心。

ステロイドは強い薬なので
ちょっと怖い面がありますけど
短期間に使うには良いですね。

息子に処方されたのはコチラ。
008

しかし、ぽつぽつとした症状は
お腹全体(正面・左右と)と
太ももにも見られていました。
顔から太ももと下へ症状が動いた感じ。

こちらの症状には、1日1回軟膏を
お風呂上がりに塗る程度。
最近になって、薬を塗らなくても
ようやく肌がキレイになりました。

原因は何だったのだろう?
一番疑っていたのは実家の環境。

ほこりが多い環境なのですが
かぶれ症状については話してあったので

先日、里帰りした際には
念入りに掃除をしてくれていたそうです。

また泊まる際に、対策として
我が家で使っている布団とバスタオルを
持っていきました。

その甲斐あってか
肌の症状は落ち着いていました。

ま~、原因は今となっては疑問ですが
また同じ症状になる可能性はあると思うので
冷静に対応していかないとなー。

と、思っていたところ
昨日、息子が30分程泣き続けて
私が困る出来事がありましたー。

原因は、お腹がすき過ぎてギャン泣きし、興奮っ!!
哺乳瓶を口元へ持っていくのですが
泣きまくり、興奮して、哺乳瓶を加えられず。

全然、泣き止まない上に
こんなに泣き続ける姿は始めてで
これは、何か病気なのかな?
と思い不安になりました。

いつも行く小児科は、土曜日の午後が休診。
ちょうど、土曜日の午後の出来事。

その時、他の小児科の情報を知らず
昨日慌てて調べました。

いざ、病気になった時
かかりつけの小児科の休診日はもちろん、
複数の小児科の診療時間や休診日も
把握していないとダメなんだなぁと実感。

また、子供の気になる症状の
判断の目安を提供している
こどもの救急もお気に入りに登録しておきました。

息子は結局、興奮していただけで
その後、哺乳瓶を加え、ミルクを飲み
泣き疲れて、即効寝てしまい
その後は元気に過ごしていました。

病気になる前に
備えておくことの大切さを学びました。
そのためにギャン泣きしてくれたのかな?(´ω`)。
考え方を柔軟にしていこうっと。。

では、今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました