【医療費】妊娠糖尿病の外来費用と産科のお薬代

前回に続きまして、
【医療費】妊娠糖尿病で掛かった入院費用は
妊娠・妊娠糖尿病でかかった費用、
今回は、外来費用と産科のお薬代について
まとめてみました。

病院の外来で掛かった
合計金額は44,095円でした。

このうち、血糖値関連は38,030円でした。
ほぼ血糖値関連のお金じゃないかー。
血糖値関連の月別では
 2月 880円
 3月8,820円
 4月12,060円
 5月5,210円
 6月5,210円
 7月5,850円 でした。

私はインスリン治療で
ノボラピッド注フレックスタッチを使用。
014

血糖測定セットは、
ワンタッチウルトラビューを使用。
013

費用が掛かったのは、
ノボラピッドと
血糖を測定するためのセンサーと穿刺針でした。

あと、入院するきっかけになった
血糖の検査代(2月の880円)も含まれていますー。

私は1ヶ月使う分、
ノボラピッド1本から2本と
血糖を測定するためのセンサーと穿刺針を
まとめて貰いました。(買いました)

ノボラピッドは薬局からで、
血糖測定のセンサーと穿刺針は
院内で貰っていました。

1ヶ月分って、かなり荷物量が多くなってしまうので
その時は、紙袋を持参していました。
今じゃ~、その頃が懐かしいです(笑)

妊婦関係としては
NSTの検査(1回1000円)を2回やったかな。
一度、不正出血があり
見て貰うためNSTをしました。

そして、切迫早産と診断され
診断書を書いて貰いました。
診断書って、ひと言二言なのに、
なぜ高いんだぁーーっていつも思っていました。
(今も思っています)

そこから、仕事を休んで自宅安静になり、
張りどめの薬を飲んで、静かに過ごしていました。
今となっては、そんなことがあったわ!?と
すっかり忘れている始末です。

そして、外来とは別に薬代が掛かっています。
薬代の合計は、16,450円。

薬は、定期的に服用していたのは、
切迫早産の時の張り止めの薬、
便秘対策の薬、これは初期から。

そして、インスリンぐらいですかね。
まーインスリンは刺していましたけど。

時々、痛み止めや胃薬を貰いましたが
2回ほど飲んで、その後は飲まず。今もあります・・・。

ということで
産科の外来と薬に掛かった
医療費の合計は60,545円
でした。

こんなに掛かっていたとは・・・。
んーやっぱり健康って大切ですね。

でも、赤ちゃんが元気に生まれてくることには
変えられない、必要な経費かなと今は思っています。

こうやって、まとめると
妊婦の頃の記憶が色々蘇ってきました♪

あの時は、あの時で大変だったけど
今は違う意味で大変だけど(笑)、
やっぱり今の方が、
息子の成長や変化が見られるので楽しいなぁ~。

妊娠糖尿病のおかげで、
楽しい妊婦ライフは、私には縁遠かったので、
特に、そう思うのかもしれません。

さて残りは、出産費用について
まとめていきたいと思いま~す。
今日もお読み頂き、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました