【医療費】個室使用の出産費用

前回(こちらに詳細)と前々回(こちらに詳細)に続きまして、
今回は、出産で掛かった費用をまとめてみました。

私は予定日前日に前期破水。
病院に行き、そのまま入院となりました。

入院した日(土曜日)、
翌日(日曜日)と2日間は陣痛がなく
抗生剤の点滴をする程度の治療で過ごしていました。

このときは本当に出産するのかなぁなんて
のん気にしていたぐらい。

3日目(月曜日)になると
赤ちゃんの感染のリスクが高くなるため
月曜日には、赤ちゃん出す方向と言われました。

そしたら、月曜日の朝方AM3時頃に
陣痛が始まりましたが微弱陣痛ー。

そのため
帝王切開になるか
陣痛促進剤を使うか
説明を受けました。
とりあえず産まれるのは今日だよと言われました。

帝王切開の準備のため
検査とかやったり、
夫が急遽仕事を休み、
手術の同意書を書いて貰ったりとしていました。

そして、陣痛促進剤を使用し、
陣痛の間隔が短くなったこと
子宮口が全開になったため
分娩台へ。

ま~それでも、お産が進まず
吸引分娩へとなりました。
詳細はコチラにまとめてあります。

私が入院した総合病院では
自然分娩だと5日間、
帝王切開だと7日間で退院するそうです。
私の場合は、破水したため2日間プラスし
7日間入院。

こうなると医療費も2つ会計がありまして
1つ目が最初の2日間の入院費43,860円
2つ目が陣痛が始まった日から5日間の入院費70,740円
合計114,600円でした。

ちなみに2つ目は、出産一時金42万を差し引いた額です。
あと、吸引分娩は手術の一つなんですね、
私は今回知りました。

手術料として、吸引分娩の保険点数は2550点。
3割負担で計算すると7650円、
けっこう安いんだな~。
(計算方法は、2550点×10×30%)

他にはですね、
私は個室1泊7,500円を使いました。
これが、それぞれの入院費に含まれています。

田舎の方なので、個室料金は安い方ですかね。
私は個室か相部屋か、けっこう悩みましたが
結果、個室にして良かったと思います。

良かった点としては
◇トイレが室内にあったこと。
・出産後の悪露の処理に時間がかかったし
産褥パッドとかトイレに置きっぱなしに出来るし
トイレがベッドから近いのは便利だし、
部屋のトイレだから、周囲を気にしない点で良かったです。

◇室内にシャワーがあったため、好きな時に入れた。
・破水後はお風呂は感染のリスクがあるため
お風呂禁止になりますよね。
なので、出産日も入れないから、
丸3日間は入れませんでした。
お風呂の許可が出たら、即効シャワー入りました。

◇息子が夜泣きしても、周囲への気遣いをしなくていい。

◇私自身・家族がゆったり過ごせる。

個室か相部屋かは
その方の性格に合わせるのも一つの方法だと思います。

人との交流が好きで得意な方は
相部屋が楽しいと思いますし、

私みたいな一人が好きで、
人との交流は最小限でいいと思う方は
個室の方があっていると思います。

個室料金は、決して安くはないですが
出産で頑張った自分が快適に過ごす
大切な空間ですから、

ちょっぴり贅沢してもいいかなぁと
個人的には思います。

私がもう一度、出産するとしたら
絶対個室を選びますね。
ま~、出産するか分かりませんけど。

さて、ここまで医療費をまとめてみましたが
今までの合計は282,233円でした。

ここに耳鼻科にかかった分や
息子に掛かった医療費をプラスしていきます。
ざっとみても、30万にはなりそうです。

あとは、確定申告をして
どの程度戻るかシュミレーションしてみます。

とりあえず、
妊娠、妊娠糖尿病、出産の
医療費としては終了とさせて頂きます。
最後まで、お付き合い頂きましてありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました