話題の男性の育休取得について私が思うこと。

今、男性国会議員が“育休”取得について
テレビで話題になっていますよね。

私としては、大賛成っ!!
国会議員のような立場の人が
育児の大切さ・大変さを理解するのは
とても大事だと思うので。

そんな中、今日「白熱ライブ ビビット」で
放送していた内容ですが
仮に男性国会議員が育休をとると給料面では

国会議員の給料は
毎月130万円で(毎月っ!!経費も含まれているのだろうけど)
まとめて支給され、返還は出来ないらしいので、
そのまま130万円支給されるそうです。

せめて、育休中のママ・パパのように
67%分支給にすればいいと思いますが、
そういう議員規則もないようですし、
前例がないから、しょうがないのかな、
税金だけど、もっと無駄な物に使っているのでは?
と個人的には思います。

そして、興味深かったのが
「白熱ライブ ビビット」のコメンテーター間でも
意見が真っ二つに分かれていたのが印象的。

賛成派としては、育休いいでしょー的な人が多く(私も)
反対派の意見に驚き、時には怒っていました(笑)。
反対派の人は、反対の色が強かったので
こんなに意見が分かれるのかーと驚き。

反対派の人の意見を聞くと
「国会議員で、国の代表だから
 個人の都合で休むのはおかしい。
 休むなら議員を辞職した方が良い」
という意見が多いみたい。

私としては、国会議員の一人や二人、
育休でたった1ヶ月休むだけで、
この国の政治は変わるのかい?と
思っちゃいますけどね、そういう視点もあるのかー。

違う番組では、
街行く人に意見を聞いてみでも
ここでも真っ二つに分かれていました。

意外だったのが、おばさま達の意見が
「仕事休まなくても、育児は出来る」とあったこと。

それぞれの意見だからね、良いんですけど、
女性だから賛成派ってわけじゃないんだと
思わせてくれました。

以前に、男性芸能人が育休をとると
話題になったことがありましたけど
それ自体、話題になるのが日本の現状なんですね。

男性も育休とるのが当たり前。
それが当然、そんな社会になって欲しいなと
個人的には思います。

話は逸れてしまうのですが
毎朝、朝ドラ「あさが来た」を見ています。
ドラマでは今、明治の時代で東京が変化している時です。

その時代に、主人公のあさが女性として働いていることは
世間は冷ややかですが、本人の努力もあり
家族の理解協力や良き師匠(五代さんカッコイイ)がおり
頑張って働き、新しい時代を駆け抜けています。
その時代に、あの福沢諭吉が「女性が社会に出るのが大切」と
唱えたそうです。(へーそうなんだと知りました)

明治の時に、女性が社会で活躍するのが大切と唱え
そして、現代の社会では
女性が社会で活躍するのが当たり前になってきた時代。

時代は変わるのだなぁと改めて考えさせられます。
先人の方々が(特に女性や女性に理解をしてくれる男性)
頑張ってくれたから、今の社会があり、
現に私も女性として働けている。
しかも、女性が多い職場。

だからこそ、男性が当たり前に育休をとれる
そんな時代がくるために
私達一人一人が出来る事、
まず声を上げる事ぐらいはいいのかなと思い
今回ブログにのせてみました。

ちなみに、夫と育休について話をしたら
本当は育休とって、息子との時間を増やしたいと。

現実問題、仕事が忙しい上、
従業員数が少ない会社に勤めているので
難しいのですが、
夫がそう思っているのが意外でした。
仕事大好きな人だと思っていたので。

息子が30歳ぐらいになり、子供(私の孫)が生まれたら、
「俺、育休とるよ。当たり前な事だよ。」ぐらい話す
社会になってほしいと思いました。

30年後とか想像している自分に笑えますが・・・。

あなたは男性の育休について、どうお考えですか?
最後まで、お付き合い頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました