0歳乳児、初めての冬の乾燥肌トラブルを振り返ってみました~。

小児科の先生に乾燥肌と診断されたのは、
息子が生後3カ月半ぐらいの時でした。

初めての冬を過ごした今季は、
大きな肌トラブルが2回ありました。

今は、ヒルドイドをたっぷり塗り、
時々ステロイドを塗っているお陰で、症状は安定~。
0歳の乳児、冬の肌トラブルを振り返ってみました。

肌のトラブルが出てきたのは、寒くなってきた12月初旬。
症状としては、首元と顔に赤いかぶれ症状が。
007
詳細は息子の自慢の肌が、赤くかぶれてしまったー。に。

小児科で、リンデロンというステロイドの強い軟膏を貰い、
塗って2日くらいで良くなりました。

それからは、赤いかぶれ症状が
軽くなったり、また出たりと繰り返しながら、
2週間程で完治しました。

これで良くなったなぁと思っていた所
12月下旬から、再び赤くポツポツした症状が
今度は、お腹を中心に見られましたーー。

リンデロンを2日くらい塗れば、症状がおさまるものの
ステロイドを続けて塗ることに、心配と不安があり
積極的には使用しないでいました。

症状が良くなったなと思ったら
市販のミルクローション・ワセリン・ヒルドイドなどを
「んー今日はこっち塗ってみよう」と迷いながら、塗っていました。

そしたら、良くなるどころか
悪化するいっぽうーー。
019

今見ると、ひどい症状だと分かるのですが
この時は、この症状を毎日見ていると
こんなんものか~と、私の感覚がマヒしていました。

そんな中、息子の耳の表面に膿んでいる部分を見つけ
年明け1月の早々に病院に行きました。

小児科の看護師さんや先生に
「これはひどいねー」と言われ
これはひどい方なのか~と、その時知り、
もっと早く来ればよかったな・・・と反省。

そのときに、アルメタ軟膏という
ステロイドの強さは中間の軟膏を出して貰いました。

ステロイドで炎症をおさえ
良くなったら、ヒルドイドを塗っていました。

症状は良くなったものの
また、かぶれ症状が出たり・消えたりの繰り返し。

そんな時、すくすく子育てで放送された
「赤ちゃんの冬の肌ケア」を見て

私の軟膏の塗る量が、圧倒的に少なかったと気付き、
この放送をきっかけに
ヒルドイドも、ステイロイドもた~っぷり塗っています☆

またステロイドを塗れば、2日ほどで良くなるので、
よし治ったと思って、すぐ塗るのを止めていましたけど
これも良くなかった・・・。

薬をやめるときは、塗る回数をだんだん減らし、
ゆっくりやめるようにする。
薬はゆっくりやめる方が、炎症が一番早く治る。
とあり、なるほどなぁと思いました。

それからというもの
皮膚に湿疹やかぶれ症状が見られてきたら
まず、ステロイドの弱い薬(ロコイドとヒルドイドの混合)を塗る。

それでも良くならない時は、アルメタ軟膏を塗る。
良くなってきたら、ロコイドとヒルドイドの混合を数日塗る。

症状がほぼなくなっても、
ロコイドとヒルドイドの混合とヒルドイドだけの軟膏を
1日おきに、交互に塗り、ステロイドを徐々に減らしています。

こうやって使い分けてみたら
症状が出ても、悪化することなく治っていきました♪

上手にステロイドと付き合う事が大事だなぁと思いました。

また、息子は乾燥肌なので
冬の寒くなってきた頃には、
保湿効果が高いヒルドイドを塗る事が大切だと思いました。
ヒルドイドは、しっとり感が長~く続くのですね。

8月生まれの息子は、
生まれてからずっとミルクローションを塗り、
その時は問題はありませんでしたが

乾燥している冬場には、
ミルクローションでは蒸発しやすく、
息子には向かなかったようです。

夏場や秋には問題なかったので、
季節によってミルクローション・ヒルドイドなど
使い分けることが大切なのだと感じました。

で、これからは春ですね。
ここ数年の春は、暖かいを通りこして
暑いことが多いですよね~。
そうなると、今度はミルクローションタイプがいいのかな?
ヒルドイドから切り替えるのはいつ?と、悩みどころー。
これは色々と試しながら、良い方法を探っていきます!

最近はまだ寒いので、ヒルドイドを中心に塗っており、
肌の症状は落ち着いています。

この間は、片方のお尻だけ乾燥したり(なぜ?)と
不思議な症状はありましたが、ヒルドイドを塗ればOK~☆

冬は、乾燥・感染症にと不安なことにプラス
初めての育児で色々ありましたが
だんだん冬も終わりに近づいて、
肌トラブルも終了することを期待しちゃいます~。

では、今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました