医療費控除の申請のため、人生初の確定申告へ!!

去年は出産・妊娠糖尿病と医療費が掛かったため
人生で初めての「医療費控除」の確定申告に行ってきました。

準備したものは
・源泉徴収票
・医療費の領収書を自分で作成した表(A4サイズ1枚)
・1年分の医療費の領収書
・通帳

事前の作業は
・領収書をまとめる
→私の場合は、病院・薬局・その他とまとめました。

・領収書をまとめた明細書を作成。
→国税庁のExcelの入力フォーム
ダウンロードし使用しました。

ここまでの作業が地味に面倒。
時間のある時にやっていました。

我が家の医療費合計は、約30万円になりました。
詳細は、妊娠糖尿病関連の費用は【入院編】【外来費など】に。
出産関連の費用はこちらへ。

確定申告の会場は、私の地域では税務署ではなく
大きなイベントホールで開催。

会場に着いて、全部終わるまで
約2時間かかりました。

長いのか短いのか、初めてでよく分からない状態。
私としては、それほど時間は掛からなかった印象。
産婦人科で待っていた経験があるママさん達なら、
けっこう待っていられる時間、という感想です。

順番を待っている間に、本など時間を潰す物は必要です。
これも、産婦人科での応用w

順番が来て、係りのお姉さん1人が
私と、隣のおじいちゃんに操作の説明をしながら
確定申告スタート。

私は、初めての確定申告なので、e-Taxの利用登録を。
それから、医療費控除の手続きを開始。

源泉徴収票をみながら、金額を入力して
医療費の合計金額を入れるだけと
作業自体は、とても簡単♪

あとは、還付金額の振り込みをして貰う
銀行の口座番号を入力するので
通帳を持参していきました。

私が後悔したこととしては、
源泉徴収票はそのまま提出になるので、
原本をそのまま提出ー。
コピーしておけば良かったなぁと後悔・・・。

ちなみに、医療費をまとめた表や
医療費の領収書は提出しなかったし、
パラパラと見られるだけでした。
頑張ったのになーー。

作業自体は簡単なのですが
私の担当をしてくれる、係りのお姉さんは1人なので
隣のおじいちゃんに時間が掛かり、
時々しか見て貰えなく時間が掛かるー。

そして、大体出来上がると、
税務署の人による最終チェックが入り
正式にOKが出れば、還付金額の説明を受けました。

あとは還付金額の用紙や
e-Taxの利用登録をした用紙など印刷して貰い、
自宅の保管用と、税務署に提出用に分かれたのを受け取り
提出用はBOXに投函し終了~。

ちなみに還付金額は、1万と300円ぐらい。
え~これしか戻らないのと、思わず口に出したら

係りのお姉さんが、
「私からすると多い方ですよ。何百円とかの人が多いですから。」
と教えて貰いました。

そう言われると、単純なもので
そうか、これは多いのかと思えちゃうw

そして、この1万ちょっとの金額が住民税に反映されて
この金額かこの2倍の金額が、住民税から引かれますとのこと。

そうなると、
息子が4月から通う保育園は、認可保育園なので
夫婦の住民税の金額により、保育料が決まるため、
少しでも安くなってくれると嬉しいなぁ。

これは、実際通ってみないと分からないし、
来年度の住民税がどうなるのかドキドキです。

思ったより、簡単に
医療費控除の確定申告が出来ました。

またいつか、確定申告をする日が来た時には、
ちょっとだけ出来そうな気がします。

もし、あなたの家庭の医療費が10万を超えていたら
(注意;保険代を差し引いて10万円です)
早めの確定申告をお勧めしま~す。

では、今日も最後までお付き合い頂きありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました