【離乳食初期】手作りメニューの時は、昆布だしをフル活用!

離乳食も中期に入りました、
1日2回を始めましたが、ストックの減り早いー。

最近は、息子がよく食べてくれるようになったので
自分なりに手作りが、ちょっと楽しくなってきました♪

離乳食初期から離乳食中期の今まで、
作ってみた離乳食を一度まとめてみました。

主食では
・10分粥
・パン粥

野菜では
・にんじん
・玉ねぎ
・きゃべつ
・白菜
・ほうれん草
・じゃがいも
・チンゲン菜
・大根
・野菜スープ

たんぱく質では
・絹豆腐 のみ・・・。

などなど、作ってみました。

10分粥は、色々試して作った結果、
炊飯器で作る方法が1番楽チンで、今も継続中!
詳細は10分粥を3つの方法で、作り比べた結果は?に。

パン粥は、10分粥と比べて
すぐ出来るので、便利ですね。
こちらは鍋で煮ている時です。
007

すり鉢ですりつぶした状態です。
008
息子的には、10分粥の方が好きなようで
あまり食いついてきませんでした。

一応、小麦アレルギーの有無を確かめる上で
食べさせてみました。こちらも冷凍ストックしています。

野菜類は、昆布でだしをとった汁で
野菜をゆでています。

昆布だしを使ったのは、
以前に買った「ひよこくらぶ2月号」
の付録であったコチラを参考にしました。
052
これを読んで
野菜をだし汁でゆでた方が美味しいかなぁと思い
昆布を買い、だしをとっています。
014
ちょうど、息子が離乳食を食べてくれなかった時期が
あったので、食べてくれるならと思い、
昆布でだしをとってみました。

だしをとるっていっても、
鍋に水を入れ、昆布は手で適当に切り
鍋に入れておきます。

大体30分以上おくといいのですが
色々やっていると、30分なんてあっという間。

30分以上経ったら、沸騰させ
沸騰する寸前で、昆布を取りだし
あとは野菜をゆでています。
面倒臭がりの私でも、続けてやれるぐらい簡単です。

私は、野菜1種類ではもったいないから
3種類ぐらい一緒にゆでたり
時間差でゆでたりとしています。

015
これは、にんじん・大根・チンゲン菜を
ゆでて、冷凍しストックしました。

そして、野菜をゆで終わっただし汁は、
野菜スープという名に変えて、こちらも冷凍。

ほうれん草やチンゲン菜など
ちょっと灰汁がある野菜は、
お湯でゆでた後、水にさらし、手でしぼってから

すり鉢ですり潰しながら、
この野菜スープで、のばしています。

この野菜スープでは、
絹豆腐の時も使っています。
絹豆腐をレンジで解凍して、潰しながら
野菜スープで、のばしています。

絹豆腐は、パルシステムのもので
冷凍でカットされています。
016
けっこう前に買ったので、袋がくしゃくしゃです・・・。
017
カットしてあるため、必要な量だけ使えます。

これは、離乳食目的に買ったわけじゃなく、
大人用の味噌汁で使う目的で買ったのですが
離乳食用に便利で、ラッキーな結果に☆

ただ、冷凍品なので、再度冷凍は出来ないため
多く作れないのが残念な点ー。

そのため、その都度離乳食用に作るため
時間に余裕がある時のみに作っています。
といっても、5分もあれば出来ちゃうんですけど(笑)

こんな感じで、まとめて離乳食を作っています。
昆布だしを使うと、野菜スープにして
他の食材にも使いまわしが出来るのが便利です!

最初は離乳食、面倒だなぁと思っていましたが
息子がよく食べてくれるようになったので
作るのもちょっとずつ楽しくなってきました。

といっても、市販のベビーフードも使いながら♪
1番は、自分が無理しないことが大切ですからね。

これからは、たんぱく質の離乳食を増やさないとー。
今度のパルシステムで、しらすを買ったので
とりあえず、しらすに挑戦っ!

あとは、食べていない野菜、
かぼちゃ・小松菜・かぶ・ブロッコリー・トマトなど、
あと、果物もまだ食べていないので
この辺も、楽しみながら挑戦していきたいと思います。

今日も最後まで、お読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました