10月なのに夏風邪「ヘルパンギーナ」にかかりました。

10月半ばも過ぎましたが、
昨日息子が「ヘルパンギーナ」にかかりました。

昨日は保育園からの呼び出しがあり
今日はお休みです。
だからブログが書くことが出来たので、良しとしよう!

昨日の朝は、息子の体がちょっと熱い。
熱は3回測っても、37.0~37.3℃。
朝にこの程度でも、保育園に行くと下がることが多いので
(結果、この日は上がりましたけど・・・)
大丈夫かな~と心配をしつつ、保育園に行く準備を。

しかし、息子がすごーく不機嫌で
抱っこ(両手を上げて訴える)をせがまれ、
抱っこをしていると、落ち着くのですが

何せ、朝は時間との勝負っ!!
抱っこをしていては、手間がかかるので
息子を下ろすと、ギャン泣きーー。

ギャン泣きの状態で、
車に乗せると、泣き止み、保育園へGO-!

保育士さんにちょっと不機嫌ですーと伝え、
急いで職場へ向かいました。

その日は、外回りの仕事があったので、
準備をして出掛ける10分前に
保育園から呼び出しの電話・・・。

マジかーーーーーー(私の心の声)

保育士さんがね、
「熱が38.4℃あります、今すぐお迎えにこれますか?(新人保育士でけっこう強い口調)」
と言われ、頭の中で仕事の調整をグルグルと考えていました。

保育士さんはね、子供が熱を出しているから今すぐっていうけどさ、
仕事をしている人で、今すぐ仕事を終えて行けないよー!
余裕がなかったので、こんなこと思っちゃう心が小さな人間です・・・

そして、仕事を調整して
外回りは同僚にお願いをして帰りました。

仕事開始が8:30で
帰ったのが9:30・・・。

1時間は仕事をしましたが、
有休の関係で、30分しか働いていないことにー(;_;)
しょうがない・・・。

保育園へ向かいに行き、そのまま小児科へ。
そして、喉が腫れていて、水疱みたいなぶつぶつがあり
ヘルパンギーナと言われました。

と言っても、小児科の先生の話し方がはっきりしていなくて
カタカナの何か病名言っているなぁ、

そういえば、カタカナの病名あったよなー
あとはネットで調べよーと思いました。

症状としては、
・高熱が2~3日続く
・喉の痛みの訴え、喉の痛さから食欲がなくなる

お薬は、ヘルパンギーナの特別な薬はなく
普通の風邪薬を処方されました。

まだ話せない1歳2カ月の息子は
喉の痛さから不機嫌だったのだなぁ、
また体が熱かったのは、熱が上がる前兆だったのか、
とちょっと反省ー。

でも、昨日の朝の食欲はあり、しっかり食べていたので
喉の痛さより、食欲が勝っている息子でした。

昨日は、39.4℃あったので、1度座薬をし
その後も熱が上がるかなぁと思っていましたが、
38℃、37℃と下がり

2日目の今日は、朝は36℃台(え?)で
昼間は37.0℃と意外と熱は上がっていません。

機嫌もよく、1人でティッシュで遊んだり
体温計を自分で脇に挟もうと挑戦したりと
(息子、よく見ているな)
このまま安定したら、
明日は保育園と仕事に行けそうです。

と言っていると、夜に発熱するんですよね~( ;∀;)

10月で、寒いと思ったら、暑かったりと
体調を崩しやすい時期なのですね~、

その上、中耳炎の治りが今ひとつで
ずっと薬を飲み続けていたので
抵抗力も弱っていたのだと思います。

RSウイルスも流行っていますし、
小さいお子さんをもつ家庭は
冬に向けてこれから本格的に大変になりそうですね、
一緒に頑張りましょう♪

では、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました