【卵アレルギー4】卵アレルギーとインフルエンザ予防接種

1歳2カ月で、卵アレルギーが出た息子。
アレルギーと分かる前から、インフルエンザの予防接種をする気満々でした!

しかし、卵アレルギーがあると、なかなか難しい現実と向き合いました・・・。

前回の受診した小児科の先生には、※【卵アレルギー3】病院での処置の様子
『インフルエンザ予防接種のワクチンの卵の成分は、ほんの僅かだから(息子の)アレルギー反応ならば大丈夫でしょう。」
と言われ、

そうか~、なら良かったぁと安堵し、このあとの大変さなんて全然考えていませんでしたーー。

それから数日後、風邪でかかりつけの小児科を受診。
卵アレルギーが出たことを話すと、先生が『インフルエンザの予防接種はやめた方がいいね。』とバッサリ。

え?
だって他の小児科では大丈夫と言われましたがっ??と私は言ったものの、

小児科の先生は
『うちではできない。もし受けたい場合は、他の病院でパッチテストを受けてきて。』と言われました。

うーー、
そりゃ~卵アレルギーあるけどもっ!そんなにダメなの??

私が今まで生きてきた中の、
勝手なイメージなのですが、

冬季にインフルエンザの予防接種を受けないってことは、とーっても危険にさらされている・・・と思っていたので(元々病院で働いていたので、余計にそう感じます)

ここでは受けられないと聞いて、すごくショック+頭にきましたー!

だってね、
保育園という集団生活は、

菌が多い環境

そんな環境にいる、
よく風邪を引く息子が

インフルエンザの予防接種を受けられないってことは、かかる可能性が高いっ!!

もう頭の中、キィーーってなっていました(*`Д´)ノ
今となっては、あの時の私、必死になりすぎ、と思えますが(笑)

話は戻りまして、
受けられないといわれ、

前回受診した小児科に電話で、

インフルエンザの予防接種を受けられないって断れられましたー!!と泣きつきました。

電話で対応してくれた看護師さんは、受診した時の看護師さんだったのか、事情を分かっているようで

「あれぐらいの症状だったら、大丈夫だと思うけどなぁ。」と言い、

「当院ではパッチテストをしているけど、インフルエンザの予防接種の予約がいっぱいで、12月中旬にならないと受けられないのよー。」と言われました。

電話をしたのが11月中旬、
12月中旬は私が入院しているし、

2回打つのに、1回目が遅いって・・・。

それに、流行の時期やワクチンの効果的な時期とか考えたら、他の小児科をあたってみるという選択をしました。

しかしーー、その後10軒ほど、

インフルエンザの予防接種を希望しているが、卵アレルギーがあり、パッチテストが出来るか電話で聞くと

「やっていない」「卵アレルギーがあるなら他でパッチテストをしてきて」と答える小児科ばかりーー。

・・・・・・・・・ (ㆆ_ㆆ)・・・・・・・・・

へ・・・何で・・・・・・、、
パッチテストってほとんどしない小児科ばかりなの?

私が住む市(といっても面積広い)にはね、小児科が60軒あるらしいのですが(60軒すべて聞いていませんが)

パッチテストをしている小児科が限られていて、しかも、そこは人気で(だから人気なのか)予約がいっぱい!!

親の私の都合ですが
12月中旬はダメでーー、受けられそうで、受けられない、

なんて悲しい現実なんだぁと
この時は、本当に途方に暮れていました・・・彡彡(-_-;)彡彡

ですがーー、このあと、
1軒感じの良さそうな小児科と出会いました!

この時も電話で聞いたのですが、パッチテストはしてはいないけど、先生が診察をして、予防接種が可能かどうか判断しますよ、

と優しい口調で、受付の方に言ってもらい、そこの小児科に受診することになりました。

弱っている時に(ただ一人で空回り中なだけ)、優しくされると嬉しいなぁ、

これが恋愛なら、簡単に惚れちゃうなぁと勝手に思っていました。

まぁ、結果としては、
インフルエンザの予防接種は受けられませんでしたけど・・・(;’∀’)

次回に、先生とのやりとりや、アレルギー検査についてまとめていきたいと思います。

もしよかったら、また見て貰えると嬉しいです♪

では、最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました