【卵アレルギー6】アレルギー検査と低身長の血液検査

前回の続き、(勝手に)シリーズ化していた卵アレルギーも最終回です。

息子にとって、
初めて採血をし、

アレルギーの検査と
血液検査をしました。

アレルギー検査の結果は?

まず『RAST(特異的IgE)=個別のアレルゲンごとの検査』

経験している方もいると思いますが、こんな感じのものです。

0~6までの7段階で、
0は陰性、1が偽陽性、2以降が陽性と分けられるそうです。

今回、息子が検査したのは8つの項目。

【卵系】
【ダニ・ハウスダスト系】
【その他の食物アレルギー系】

結果は
・卵 白:3
・オボムコイド :3
・卵 黄:2

今回、初めて知ったのは、オボムコイドというアレルギー。

オボムコイドは、卵アレルギーを起こす成分の1つで、熱や消化酵素の影響を受けにくく、 アレルギーを起こす性質(アレルゲン活性)を失わない耐熱性卵蛋白のことです。

ということは、
熱を加えた卵白、
硬ーくゆでた、ゆで卵でも、反応が出やすいっ!ってことらしいです。

なので、今回ゆでた卵で反応が出たのは納得ですね~。

また、夫の家系にある

「そば・かに・えび」アレルギーも調べてもらいましたが、こちらは問題なし。

でも先生からは「これから成長につれて、変化する可能性があるから、参考程度に。」と言われました。

あと、ついでにハウスダスト系のアレルギーもある結果を知りました・・・。

続いて
『RIST(非特異的IgE)全体的なアレルギーの起こり易さを表す検査』

非特異的IgE値は、95.1 IU/mlでした。

ちなみに参考基準範囲は

1歳未満:20以下
1~3歳:30以下
4~6歳:110以下
7歳~成人:170以下
だそうです。

息子の場合の基準は、
「1~3歳:30以下」なので、

やはり高めに出た結果となりました。

血液検査の結果は?

アレルギー検査のついでに、

成長曲線が下回っている息子。

成長ホルモンを調べる血液検査もして貰いました。

結果は、肝機能を示すASLとALTは問題はありませんでした。

ASL(GOT):45
(1歳の正常値 23~57)

ALT(GPT):16
(1歳の正常値 9~38)

ということは、
小柄なのは、今のところ問題はない
との結果でした。

ん~、良かったような、
気になるような・・・。

まぁでも、元気に健康に過ごしているから、良しとしようか。

まとめ・次回の検査は?

初めてのアレルギー検査と血液検査をしましたが、

卵アレルギーは中等度レベル

成長ホルモン(肝機能)は問題ない

という結果でした。

次回は、半年後にしてみましょうと言われました。

あの採血の大変さを見ていると、もう少し時期をおいてもいいかなぁと感じてしまいます。

ちなみに、卵は完全除去せず
少しずつ慣らしていきましょう、
と先生に言われています。

しかしですねー、

卵アレルギーが出たときの症状が、頭をよぎって、なかなかチャレンジする気にはならない、というところです。

んーこのままじゃ、ダメと分かっているんですけどね、どうも一歩進めないでいます(T_T)

再挑戦するまで、もうちょっと時間がかかりそうです。

では、最後までお読み頂き、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました