iDeCoの手続き、会社員のワーママは面倒ー。

今、巷で目にすることが増えた「個人型」確定拠出年金、通称iDeCo。

私はずーーっと気になり
8月に手続きをして
10月から正式に始めりました!

その道のりは、けっこう面倒・・・。

イデコを始めるとき会社員には壁がある

会社員の私が
iDeCoを始める際に必要な書類の一つに

「事業所登録申請書 兼 第二号被保険者にかかる事業主の証明書」
と長~い名前の書類を書いて
提出をします。

この「事業所登録申請書・・・」は
会社側の事務担当が書かないといけない書類で、
事業所の印鑑が必要になります。

そう、自分の年金のことなのに、
会社に書いてもらう書類が必要って、何それー!!

この時点で申請をするか迷いました。

でも、これで諦めると
面倒になって
二度と申請しないなぁ、私。

別に、悪いことはしていないし、
国がすすめている制度なんだし、

ちょっとお得にお金を運用したいっていう思いが職場の事務にばれるだけ(苦笑)。

色々考えていましたが
一人でこのモンモンとした思いを抱えているより

まず、会社の事務担当に聞いてみました。

私:「個人型確定拠出年金を始めたいんですが、うちの会社では可能ですか?」

事務担当者:
『申請は〇〇さん(私)が初めてで、ちょっと分からないけど書類を一度持ってきて下さい。書類自体は、それほど難しくないので大丈夫だと思います。』

書類を提出後
事務担当者:『引き落としが会社の給料からでは複雑になるため、個人の口座からの引き落としなら大丈夫です。』

そう話され「事業所登録申請書・・・」無事に記載してもらいましたー!

良かった~♪

会社員(第2号被保険者用)の提出書類は4つ

1.個人型年金加入申出書

2.事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書(これがやっかい)

3.確認書

4.本人確認書類のコピー(免許書とか)

の4種類です。

2番の事業所~が面倒でしたが
1番の「個人型年金加入申出書」もなかなか面倒でした。

面倒な点は
口座振替を設定する金融機関がネット銀行ではダメなところ!

ゆうちょ銀行や地方銀行はOK。

地方銀行の口座はあるものの
給料の指定口座、毎月複数の引落しのある口座でした。

私はiDeCo専用の口座の方が管理しやすいと感じ、新しく地方銀行の口座を開設しました。

わざわざ平日に休みを取って、開設してきましたよ、地味に面倒でした。

私が行った手続きのまとめ

1.会社の事務担当者に相談(相談までモヤモヤ思いを抱える)

2.地方銀行の口座開設

3.書類をひたらす書く!

こんな地道なことをして
ようやくiDeCoの運用が始まりました~!

そして年末調整の時期になり、
ワクワクしていたら、またも面倒なことになっていました。

そちらについては、次回にまとめますね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました