年末調整に必要なiDeCoの証明書が届かない!

前回の続きです。
年末調整の書類を提出する時期になりました。

今年はiDeCoを始めたので
年末調整をして、
来年の税金がどのくらい安くなるのかワクワクしていました。

しかしですね、残念ながら
今年の年末調整では、手続きが出来ませんでした。

私の確認不足の体験をぜひ活かして頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

iDeCoの手続き時期が分かれ道

ちなみに私はSBI証券で口座を開設しました。

まず、手続きした時期にさかのぼります。

iDeCoの書類を取り寄せたのが7月中旬。

書類を書いたり、
必要な書類を準備し
書類をそろえ、発送したのが8月下旬でした。

運用が始まったのが10月でした。
その後、年末調整の時期が近づきます。

通常なら11月初旬頃に
国民年金基金連合会から
「小規模企業共済等掛金払込証明書」が郵送されます。

生命保険などの保険料控除と同じ時期に郵送されるイメージですね。

そのため、今年の年末調整で
「小規模企業共済等掛金払込証明書」を出せば、

所得控除が増え
来年の税金(住民税など)が安くなる~♪と楽しみにしていました。

しかしですね、証明書が届かないんですっ!
毎日郵便受けを確認していました(悲)

焦った私は、SBI証券に電話をして問い合わせをしようかと思いました。

いや、ちょっと待って、
一度ネットで確認をしてみようと思い、調べてみたら、ちゃんと情報がのっていました。

拡大してみると

1~9月に掛金の引き落としが行われた方へは、11月初旬頃に国民年金基金連合会から「小規模企業共済等掛金払込証明書」が郵送されます。

1~9月に掛金の引き落としがなく、10~12月にその年初めて掛金の引き落としが行われた方へは、1月中旬以降に郵送されます。

8月6日以降に当社にて加入のお申し込みを受付した方については、初回の掛金の引き落としが10月となるため、
「小規模企業共済等掛金払込証明書」年明け1月に郵送されますのでご了承ください。

つまり、私は    の部分で

8月下旬に手続きをしたので
1月に郵送され、年末調整には間に合わないことを知りました・・・。

そのため、年末調整ではなく

自分で確定申告に行かなければなりませんー。

iDeCoは、年末調整か確定申告で
手続きをしないと
所得控除にならず、税金が安くなりません。

貴重な有休をとって
確定申告に行ってきます・・・。

iDeCoの申請を考えている方に伝えたいこと

私はiDeCoの申請を迷う時期があり、すぐには行動に移しませんでした。

そのため8月に提出し
年末調整には間に合わない結果となりました。

もし、このことを早く知っていれば
1月から7月の早い時期に
iDeCoの口座開設手続きをしていました。

なので、もしiDeCoを始めたいと思う方がいれば
1~7月に手続きをおすすめします。

そうすれば
わざわざ確定申告に行かず
年末調整で書類を提出すればいいんです!

と声を大きくして伝えたいっ!!

特に、ワーママの方は
貴重な有休を確定申告で使いたくないですよね?

まぁ医療費控除の確定申告などがあり、行く予定の方であれば負担は少ないと思いますが(^^)。

そんなわけで、今から来年の確定申告「2月16日(金)~3月15日(木)」の時期に有休をとる準備をしていますー。

では、最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました