仕事の向き合い方は100%?60%か?

仕事の話です。

私の職場は、毎年職員の異動があります。

今年度も2名が他部門へ異動し
新しい上司が配属し、新任職員が2名入りました。

職員が変わると、雰囲気がガラリ変わります。
そんな空気に慣れるまで、
4月はいつも疲れています。

スポンサーリンク

上司が変われば方針が変わる、、、

ちなみに歴代の上司は

前々年度は女性・50代後半のAさん
前年度は女性・40代後半のBさん
今年度は男性・40代前半のCさん

Cさんは、初めての管理職、若めからか意欲満々。

就任初日に上司演説がありました。
・無駄な事務作業は、徹底的に無くしましょう。

・マニュアルを新しく作ったので、マニュアルを徹底的に使いましょう。

・まず形・枠組みをしっかり作ります、それに従って仕事をしましょう。

・個人の状態を知りたいので、個人面談をしましょう。

こんな感じで、勢いがあり、ペースが早いタイプです。

仕事はしっかりできるが
人とのコミュニケーションや周囲の空気を読むのは鈍感さん。

そんなわけで、いつもの仕事が4月から変更になったり、今までにない雰囲気があり、私は4月に入った二週間は疲労困ぱいでした。

三週目に入ってから、ようやく慣れてきたかな。

私だけが疲れていたのかと思っていましたが、前からいた職員それぞれ疲れていました。
・4月に入ったら一日が一週間が長いよね・・・、
・今までと仕事のやり方が違うから疲れるね、
・上司は最初から飛ばしているけど持つのかな?

などなど、ちょっとした愚痴を共有できたのは良かった。

全力投球の上司、6割の私

そんな中、先週放送の「ボクらの時代」を見て、なるほどと思ったことがありました。

2018/04/15(日)の放送で
坂上忍×ヒロミ×伊達みきお(サンドウィッチマン)の対談。

その中でヒロミさんが仕事の向き合い方について話していました。

ヒロミさんは芸能界を休んでいる間、ジムを開業(一般の仕事)していたのは有名な話。

芸能界と一般の仕事を比べた話で

一般の仕事をしている人って
100%でやってる人は、そんなにいない。

100%でやらなくていい。

世の中って、7割ぐらいでやっててくれた方が会社ってまとまったりする。

だから 今、ヒロミさんは6~7割で仕事をして、周りのバランスをみて、自分の表現を変えている。

若い時と比べてラク~と話していました。

一方、坂上さんはバランスを考えて、仕事は出来ない。
いつも全力投球、手を抜く方が大変。

バランスを考えて、計算をするなんて無理っ!

そういう生き方しかできない。

というやりとりがありました。


この放送をみて、

上司Cさんは、坂上忍タイプの全力投球型。

私は、ヒロミタイプ。ただ6割かな、7割まではいかない(笑)。

タイプが違うのだと改めて認識。

仕事なので、
きちんとお給料分は働きます、

でも、自分の全力を注いで仕事をするか?となると、今の私には難しい。

仕事で全力を出しちゃうと、家に帰ってから、子供の面倒や家事まで絶対出来ない。

そう体で分かっているから、6割と自然とキープしていることに気付きました。

加えてなのですが
昼休みや終業時間の10分前には、仕事を区切るようにしています。

以前はギリギリまで仕事をしていましたが
切り替えが出来ず、
疲れが残ったまま、昼休みや終業時間に入っていました。

私は切り替えが苦手なタイプと自覚をしてから、頭を使わない仕事、
メールチェックや資料の確認、またはトイレに行ったりと過ごしています。

妊娠前は、全力投球で仕事をしていました。
だから、土日は疲れ果てて、寝て過ごしていた日々です。

どちらがいいのか
どちらが正しいのか
どちらが向いているのか

色々考えますが

今の現実、私は6割で働いていくしかない。

そう考えが整理できて、
気持ちが少し前を向けそうです。

では、最後までお付き合い頂きありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました