スルガ銀行の定期預金と口座を解約しました。

スルガ銀行関連のニュースが流れるたび、気持ちがドーンと重くなっていました。

その理由は、スルガ銀行の口座をもち、ジャンボ宝くじ付き定期預金をしていたからです!

ジャンボ宝くじ付き定期預金は、
3年間預け、原則解約は出来ません。

私は1年半ほど預けていました。

仮に銀行が倒産してもペイオフで
保証はされる金額を預けてはいるものの、スルガ銀行の話題がおさまるどころか、どんどん問題が出てくる・・・。

この定期預金は子供の教育費。

このまま何もしないで、
じーっと待っていて、
倒産したら後悔するー!と思い、定期預金の解約のため電話をしました。

今回、定期預金を解約が出来たら
スルガ銀行から、違う銀行へ自分で振り込もうと思っていました。

しかし、
スルガ銀行のオペレーターから
口座の解約を案内されました。

結果、定期預金の解約と口座解約の流れを経験したのでまとめてみました。

定期預金の解約準備

事前に準備が必要な物
・口座番号
・第一暗証番号(4桁)
・第二暗証番号(6桁)
※第二暗証番号は、開設時に送付された書類に書かれてあります。
銀行が決めたもので、ユーザーが指定したものではありませんよ。(私は探すのに苦労しました・・・)
口座を解約する際には、振り込む銀行口座番号(本人の口座)も準備しましょう。

事前準備が出来ましたら、
スルガ銀行に電話。

私「定期預金の解約手続きをしたいのですが。」

オペレーター(以下オ)「支店に直接電話し手続きをして下さい。」と言われ、支店名を伝え、電話番号を教えて貰いました。

私はANA支店なので、電話をし
案内ガイダンスが流れ、目的にそった内容に分けられます。

私は「定期預金について」なので「3#」をプッシュ
オペレーターに繋がります。

私「定期預金を解約したいのですが。(二度目)」

オ「承知いたしました。定期預金を解約後、口座の方も解約致しますか?」

私「え?はい・・・それじゃお願いします。」

そこからは
口座や暗証番号を入力して
オペレーターさんと確認し

口座解約に伴い、お金を振り込む銀行名・支店名・口座番号を伝えました。

事前準備をしてスムーズにいけば、10分程で終了します。

他銀行への振り込みの私の場合は
金曜日の午前の手続きで、来週の月曜日に振り込まれるそうです、早いw

私の心の中では
定期預金って原則解約できないとあったため、銀行側から説得されるのかと思い、解約する理由を事前に考えていました。

でもっ!

定期預金解約の理由は全く聞かれず、銀行の口座解約の流れまで
スムーズすぎてビックリ!!!

これだけスムーズって
どれだけの人が定期預金だけでなく
口座解約をしているんだろうか・・・

銀行の事情とか
全く分からない素人の私でも

解約に向けた流れがマニュアル化している現状に驚き、勝手に不安を感じてしまいました。

まぁある意味、顧客の意思を大切にしているってことかも。
あと、オペレータさんの対応も親切で良い印象でした。

まとめです

◇スルガ銀行のジャンボ宝くじ付き定期預金の解約は、理由を聞かれず解約が出来ました。

◇ついでに口座の解約もスムーズに出来、他銀行への振り込みも早い印象です。

個人的には「ジャンボ宝くじ付き定期預金」を毎回楽しみにしていました。

悪い意味で銀行名が有名になってしまいましたが、働いている人の中には頑張っている社員さんが沢山いるのだろうと思います。

これからの立て直しに期待をし、
また安心して預けられる銀行になったら、口座を作って「ジャンボ宝くじ付き定期預金」を再開したいものです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました