私が完ミになった理由と、それまでの葛藤について

現在、完全ミルクで息子を育てています。
生後1カ月過ぎにしては、完全ミルクは早いですかね?

妊娠していた頃の私は、母乳で育てるものだと
漠然と思っていました。

しかし、現実は異なるものですね・・・。

スポンサーリンク

完全ミルクになるまでの経過

入院中、母乳は、
産後すぐに少しずつ出て、
産後3日程でおっぱいが張って痛い程でした。

ただ私の乳首の吸いづらさ (関連記事) の問題があり、

また、私の吸わせ方、息子の吸い方がうまくいかず
試行錯誤しながら、毎日おっばいを加えさせていました。

そんな中
息子は生まれて4日後に黄疸の数値が高くなり、
治療のため3日程入院し、私は先に退院をしました。

入院中は、搾乳した母乳を持ち哺乳瓶で飲ませました。
また短時間でしたが、おっぱいも加えさせました。

そして退院したら
おっぱいを吸うのを嫌がりました。
もう、全身で拒否!!

哺乳瓶なら、搾乳した母乳でもミルクでも
ゴクゴク飲むのですが。

そう、乳頭混乱になっていました。

それでも、何とか吸わせようと、こっちはこっちで必死っ!!

病院では、一般的におっぱいを加えさせてから、ミルクを与えるよう指導を受けますよね。

でも息子は、お腹が空いているとギャン泣き!!
大声で泣き、興奮しているから、おっぱいを加えることが 更に難しくなる悪循環。

普段は穏やかな息子は、空腹時の泣き声は大きく、耳が痛くなるほど・・・。
こんな加えづらいおっぱいよりミルク持ってこいーーって言われている気分。(あくまで、気分ですが)

更に、里帰り中のため、実家の両親が
「こんなに泣いているなら、早くミルクを飲ませたら?」
と言ってきて追い打ちをかけられる・・・。

ネットで調べまくり
私が見た情報では
乳頭混乱の赤ちゃんに対しては
 ギャン泣きを10分程させて、
 おなかを空かせた状態で、おっぱいを吸わせる方法など
 空腹にさせて、おっぱいを加えさせると良いとありました。

私一人の環境なら、息子を10分泣かせていたと思います。

でも、そうもいかないのが里帰りという現実でした・・・。

加えて、息子が少しでも泣くと
父親が「お腹空いているんじゃないのか、ミルクをやらなくていいのか。」や

泣いている息子に向かって
「お腹すいているのに、ミルクくれないなんてひどい親だなー。」とか言うんです。

これが、とてつもなくストレスになりましたっ!!

この発言を繰り返されるたびに、「ここにはいられない、早く家へ帰ろう。」と何度も何度も思い、そして悔しくて一人泣きました。

そんな家族の些細な一言に敏感になり、
加えて、息子の泣き続ける姿と
おっぱいを拒否する姿を見ていると

心が折れ、母乳を頑張る気力が保てませんでした。

今になって思えば
産後のホルモンバランスの問題だと思います。

でも、当時は本当に悲しいし、些細な事がストレスでした。

おっぱいは張り続けていたので、同時に搾乳もしていました。

搾乳をすれば、
搾乳器、哺乳瓶に搾乳した母乳、ミルクを作る哺乳瓶と洗いもの・消毒するものが増え、

1日の大半がおっぱいに関することばかりで過ぎていました。

発想の切り替え

細かいのが面倒な私は考えました。
元々、そんなに母乳にこだわってはいない。
毎日毎日、搾乳してまで母乳を与えるの疲れた。
おっぱいを無理やり加えさせるのも疲れた。

息子はミルクを好んでいるし、それで健康。
ならば、ミルクで良いではないか。

多少ミルク代はかかるけど、
日々追われるような忙しさからの解放と
毎回おっぱいを嫌がる息子を見なくてすむなら
ミルクにしよう!と思いました。

そんな私の背中を押してくれたのは
ネットで、完ミの人たちの意見でした!!
・母親が笑顔で、子供と接することが一番。
・母乳だろうが、ミルクだろうが健康に育つのが大切。
 母乳・ミルクを与えるのは1年ほど、そのあとの食べモノの栄養の方が大切。
などが私を勇気づけてくれました。

同じ体験をした人の意見は心強い。
だから、私はネットが大好き。

ネット依存とか言われる時代だけど、
私は、上手にネットを使えば、世界は広がると思っています。

ネットの皆さんから背中を押してもらったことと

もう一つ、私が大事にしたことは
考えの切り替えです。

それは
こだわらない
って考えるようにしています。

色々こだわるから
自分で自分を苦しめている。

今回は 母乳にこだわっていた。

母乳でうまくいかなくて
自分で自分を追い詰めていた。

だから
今回は、母乳にこだわらず息子が健康で過ごせればいいって
考えを切り替えたら
私はすごく楽になりました。

もし、母乳のことで悩んでいるママさんがいたら

「こだわらない」

こう考えてみるのはいかがでしょうか?

ネットでもあった
ママである あなたが笑顔で過ごす事が
赤ちゃんにとって一番だと思いますから。

子供の成長は早いですね、
いつもニコニコママを目指して、
「毎日を楽しむ」をモットーに、力を抜いて頑張りま~す。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

コメント

  1. なつる より:

    とても似ている状況だったので参考にさせてもらいます!

    うちの子も黄疸が出てミルクを足し始めてから母乳拒否が激しくて(笑)

    今は搾乳してますがそれを飲むのも嫌がるのでミルクに混ぜてます(笑)

    • hinano より:

      なつるさん、初めまして♪コメントありがとうございます(*^^*)
      黄疸、母乳拒否、そして搾乳ーと、似ていますね(笑)参考になれば幸いです~。

      結局、うちの息子はずっとミルクで育ちましたが、とても元気です!!
      きっと今は、なつるさん寝不足が続いていませんか?
      なつるさんの体も大切にお過ごしてくださいね、また遊びに来てもらえると嬉しいです!

  2. Yucyuu より:

    今の私の状況にぴったり。悩んで桶谷の母乳相談室にも通い、とにかく飲ませろと言われたが、もう顔を真っ赤にしてギャン泣き拒否。吸わせることがつらくて。里帰り中のため夜中にそんなに泣かせるのも心苦しいし、家族には早くミルクを飲ませてあげなよと言われるし。ストレスで。かなり必死な顔で授乳してます。伝わりますよね、こどもに。
    今は授乳やめてます。吸わない我が子にイライラするのもなんか違うし。このブログ読んで胸がすっとしました。

    • hinano より:

      Yucyuuさんコメントありがとうございます、そして育児お疲れ様です。桶谷の母乳相談室に通われたりと、頑張っていたことや葛藤したことが伝わってきましたー。
      体も胸も心理的にも、1番大変な時にブログを読んで、コメントも送ってくれてありがとうございます!
      Yucyuuさんとお子さんが笑顔で過ごせるのが何より大切なことですからね♥

      ちなみに、私の息子は1歳8カ月になりましたが、とーーっても食いしん坊です。
      今思えば、生後1カ月の時におっぱいを加えても飲まなかったのは、出る量が少ないこと、お腹を空かせて怒っていたこと、そして興奮しておっぱいを加えられなかったんだなぁと思います。あの時は苦労はしましたが、今は好き嫌いもなく何でも食べてくれるので、とても助かっています。

      Yucyuuさん、育児が大変な中コメントありがとうございました♪

タイトルとURLをコピーしました