「笑顔で息子と接する」きっかけをくれたのは、素敵なご家族の影響から。

育児をする中で、私が心掛けていること、
それは「笑顔」で息子と接すること。

そう心掛けるようになったきっかけは
母になる―赤ちゃんのいる人生へ
という本に出会ったからです。

この本は、妊娠中に図書館で偶然手にした本。
2部構成になっており

最初は、産婦人科医である著者が
出産は早い方がいいなどとあり
高齢出産した私としては、
あまり共感は出来ませんでしたが(笑)

後半には、妊娠した1組の夫婦の
「妊婦、出産、育児の様子」が書かれており、
ママとパパの思いがそれぞれ記してあります。

よく妊婦用雑誌にも
5カ月はこんな感じとかあり
そういうのも参考になりますが

こちらの本は
より深く、「思い(気持ち)」について
書いてあり、私にとって興味深い本でした。

そのご夫婦のママさんが出産し、
育児をする中で、毎日お子さんに対し
「生まれてきてくれてありがとう」
と思うことと、

いつもお母さんがそばにいるから大丈夫、
 安心してね。
」という気持ちを持って、
お子さんに接していること。

というのが素敵だなぁと思い
私も真似をさせて貰っています。

他にも、印象的だったのが

旦那さんが、
「子供は朝から晩まで、いつもニコニコしている。
子供が笑顔でいるから、僕も笑顔でいようと思う。
長い時間、笑顔で過ごせることで、
自分の中が浄化され、心がきれいになるような気がする。」

とありました。

そうか~、きっとママさんがニコニコしているから
お子さんもニコニコしているのだろう、

ママ→お子さん→パパと家族みんなに
笑顔が伝わっているのだろうな~と思いました。

なので、そこも真似させて貰い
私も笑顔を心掛けて息子と接しています。

実際の所、我が息子は笑顔が多い気がします。
以前訪問して貰った保健師さんや
夫・実家の母も「息子はよく笑うね」と言われる度、
心の中でガッツポーズです♪
(まぁ、3人しか言われていませんが)

しかしですね~、息子に向けている私の笑顔は
夫へは、あまり向けられていません・・・(むしろイライラ!?)
それが現実なのです・・・、ハイ。

なので、今年も終わりだから、ちょっとココで反省して
来年には、夫に対しても笑顔で
接しようかなぁと今思いました(笑)。

家族みんなが笑顔の方が、日々の生活も楽しそうですもんね。
分かっているけど、実践出来ないのは
心に余裕がないからだろうなー。
まぁ頑張ってみますー!

興味のある方はチェックしてみて下さいね。
※楽天ブックスの場合は、
メーカーに在庫確認になってしまうのでご注意下さい。

最後までお読み頂き、ありがとうございます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました