コウノドリ第三話の感想から朝ドラの話題になってしまいました。

TBSテレビ「金曜ドラマ『コウノドリ』」第3話を
今回もリアルタイムで見れました!!

今回は、母親の喫煙問題、胎盤早期剥離など
ありましたね。

四宮先生の過去や
人工呼吸器をつけている
つぐみちゃんに「今日は良いことがあったんだよ」と
報告しているシーンが泣けちゃいました。

他には、風疹にかかった女の子の思いや
両親の母・父としてのそれぞれの思いがありましたね。

今回は、小学生の子をもつ親の思いだったので、
まだ親になりたての私にとっては
共感というよりは、
そういう思いになるのかと
考えさせられました。

また、大森南朋さん役の今橋先生の
「子供には転んだ時の起き上がり方を教えたいと思っている」
というのが印象的。

最近、子供の育て方の本を読んでいたので
『そうだよなー、子供も傷つくことがあるから
そこから起き上がる強さを持ってほしいなぁ』と
改めて感じました。

 

風疹については
昭和54年4月2日~昭和62年10月1日に生まれの方々
風疹の予防接種が受けられなかった年代なんですよね。

私もその年代の一人です。
このブログを見て下さっているあなたも
もしかするとこの年代ですか?

うちの母親は、私が風疹にかかったのか忘れておりー、
妊娠を望んでいる時に、風疹の抗体検査を受けました。
幸い、抗体があったので安心したのを思い出しました。

もし、妊婦さんが見て下さっていたら
抗体検査は、受けておいた方が良いと思います、
妊娠中は小さなことが心配になりやすいから、
心配事は一つでも少ない方が体にも心にも良いと思います。

最近は、抗体検査に助成が出ている地域もあるそうですね。
私の地域も助成が出来たようですが、
助成前に検査をしたので残念。

領収書を提出すれば、払戻し可能ってあったけど
領収書なんて、もう残っていないよー。

 

話は逸れてしまいますが
風疹にかかった女の子を
山田望叶(もちか)ちゃんが演じていましたね。
もちかって読めませんでしたー。

とっても演技が上手だな~
見た事がある女の子だな~
と思ったら
「花子とアン」の子役を演じた子なんですね。
(見ていた方いるかな?)

喫煙妊婦役の山田真歩さんも出演していたし、
朝ドラ「花子とアン」を思い出しました。
この朝ドラは大好きで、毎日録画でみていたな。

今放送中の「あさが来た」も最近見るようになりました。

一度見るとハマる性格なので、
見ないようにしていましたがー、

やっぱり面白い、これは来週から見ちゃうな。
惣兵衛さんの失踪、気になります。

なぜか、朝ドラにまで
話が逸れてしまいましたが

来週のコウノドリの予告を見ただけで
すごく泣けました。3話の中で、一番泣けた・・・。
来週は、すごく泣く予感がします!!

では、最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました