【生後3カ月】我が家のお風呂の入れ方

昨日の11月26日は
「いい風呂の日」だそうですね。

赤ちゃんのいる家庭のお風呂は、
ママさん一人で入れている家庭が多いのではないでしょうか?
我が家もそんな家庭の一つです。

子供の寝る時間が早く、
パパが仕事で帰りが遅いため、
ママが子供を一人でお風呂に入れる、
そういう家庭が多いのが日本の現状なんですかね。

ネット検索でも
「赤ちゃん お風呂 一人 入れ方」
「赤ちゃん お風呂 ママ」
で色々出てきます。
(私も参考にさせて貰いましたが)

休日のお風呂は、浴槽にお湯を溜めて
夫が息子をお風呂に入れて、上がったら、
私が体を拭いて服を着せています。

でも平日はね、私が一人で息子をお風呂に入れています。
一人で入れている私の愛用品はコチラの2つ。
008
左側が リッチェルのひんやりしないおふろマット。
右側が、ベビーバス。
そう、まだ沐浴中なんです。

我が家のお風呂(沐浴)の手順は

ベビーバスにお湯を溜めます。
最近は寒くなってきたので43℃で、
シャワーでベビーバスの半分ほど入れます。

半分程溜まったら、40℃へ切り替えます
この時もシャワーは出しっぱなし。
おふろマットにもシャワーをかけて温める。

ここまで下準備。

息子を浴室へ移動。
おふろマットに息子をのせて
シャワーで体全体を濡らし
頭と顔と体を洗います。

シャワーは、ここで止めます。
シャワーは出したままにしていると
ベビーバスのお湯が溢れてしまうし、
シャワーはぬるめなので、
ベビーバスのお湯が冷めちゃうので止めております。

今度は、ベビーバスに溜めていたお湯を
手おけで息子の体にかけ、泡を落とします
泡が大体落ちたら、ベビーバスに入ります。

慣れてくると、ココまで5分程で
ササッと洗えるようになりました。

ベビーバスに入れると
3カ月になった息子は
両足を引っ掛けることを自然に覚え、
プカ~と体が浮いて、気持ち良さそうな表情っ♪
(私は頭を支えていますが)

足を引っ掛けて貰うと、私も息子の体を支えるのが楽~。
これも成長ですかね。

は生後1ヶ月から使い始め、毎日大活躍中。

使い心地

 マット自体は、発泡スチロール製なので非常に軽いです。
 撥水加工済みなので、使用後も水が染み込んだりはしません。

 時間が経つと、勝手に乾いてくれますが、
 私は使い終わった後、バスタオルで拭いています。

 なので、マットの管理はしやすいです。
 3カ月使っていますが、カビなどはないです。
 生後6カ月まで使用可能なので、
 壊れない限り使い続けますね。

 このマットに乗せて、息子の体を洗うと
 両手で洗えるので、非常に楽でスピーディに洗えます。
 片手で支えながら洗うのは、新生児ならまだ良いですが
 5kgを超えると、片手で支えるのは難しいですね。

気になる点ですが

 室温に影響されやすい面があります。
 最近は、寒くなってきたので
 マットをちゃんと温めておかないと、
 裸の息子には冷たかったみたいで、泣かれた事があります。
 なので、事前に温める必要はあります。

 あと、背中の部分にお湯が溜まるようになっており、
 お湯で体を温められる半面、
 体を洗った泡がそのまま溜まってしまいます。
 私はそのままベビーバスに入れちゃいますけど。

 その他に、発泡スチロール製なので
 音が結構キュッキュッとなるため、
 音に敏感なお子さんは泣いちゃうかも・・です。
 うちの息子は全然大丈夫です。

気になる点は以上ですが
私はそれほど気にならないので
このまま愛用していきます♪

マットはアマゾンで購入。

リッチェル ひんやりしないおふろマットR

新品価格
¥2,550から
(2015/11/27 13:36時点)


楽天だと送料無料になる楽天24がおススメ。
今なら4000円以上購入で10%OFFクーポンあるそうです。

だんだん2人で浴槽デビューも考えてはいるのですが
首すわりが完全になるまでは、
ベビーバスにお世話になりそうです。

では、今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました